企業のふるさと – 関西電力労働組合の方との田植えを通じた交流活動

先日、関西電力労働組合の方々との田植えを通じた交流活動に参加しました。
これは田辺市職員の頃に自ら立ち上げた「NPO法人熊野本宮」の活動の一環として、約15年前から毎年実施しています。

日々都会での仕事に打ち込まれている関西電力職員の方に、熊野の自然に触れてリフレッシュして頂きたい、同時に田辺(本宮)の地域の方にも、外部の方との交流や農業の手伝いを通じて元気になって頂きたい想いから始めました。

会場の田んぼは発心門王子のすぐ近くにあります。
当日は天候にも恵まれ、熊野古道歩きを楽しまれている方の脇で、地域の農家さんと共に、苗の手植えの仕方を指導させて頂きました。

参加者のお子さんも大勢来ており、とても賑やかな交流活動でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

奥熊野太鼓の体験